ダポキセチンとゴクアツのゴムで早漏予防をするなら

早漏予防には様々な方法がありますが、当然ながら相性の善し悪しもあります。
オナニーで調整するだけで予防できる方もいますが、これができない方もいるのです。
人によってダポキセチンが最適だったり、ゴクアツのゴムがよかったりと異なるものです。

ダポキセチンは最も確実な早漏予防と言われています。
ダポキセチンを主成分とする早漏防止薬と言えばプリリジーですが、今はジェネリックも登場しており安く入手することができます。
効果は先発医薬品と大差がないので、予算を抑えたい方はジェネリックを使用しましょう。
セックスの1~3時間前に服用すれば、早漏予防効果が発揮できます。
亀頭が鈍感になることで、射精までの時間を遅らせることができるのです。
正確には脳の興奮を静めることで、亀頭も鈍感になったように感じるのです。
直接塗りこむタイプの薬の場合は、ダポキセチンよりも感度が鈍くなりやすいですし、女性にも影響があります。
女性側も感度がかなり低下すると感じることがありますから、使用量には注意しなくてはいけません。
またダポキセチンは経口薬なので、パートナーに早漏対策していることを知られることがありません。

経口薬は高くて無理という方は、ゴクアツのゴムを使用してみるのもいいでしょう。
ゴクアツになるほど感度は弱くなりますが、もともと早漏の方は人よりも感度が高いのです。
ゴクアツゴムを使用することで、感度を適度にすることができます。
セックスはある程度の持続時間がなければ、力強い射精感を得ることができません。
射精感を高めるためには、5分は挿入したいものです。
5分持たないという方は、ゴクアツのゴムを使用した対策をおすすめします。
早漏予防グッズの中では最も安価で、手軽に始められる方法です。

ページの先頭へ戻る