ダポキセチンのメリットは1分以内に射精状態から脱出

ひどい早漏に悩んでいる男性は、1分以内に射精するという方も少なくありません。
医学的にも1分以内に射精する状態は早漏ですし、女性側の感覚としてはあっという間です。
1分以内ではセックスが盛り上がることもなく、女性としては不完全燃焼のまま終わることになります。
男性自身も力強い射精感を得られないでしょうから、ダポキセチンを服用して改善していくべきでしょう。

ダポキセチンのメリットは経口薬なので、手軽に治療できることにあります。
直接塗るタイプだと使うのが面倒ですし、パートナーに対して気まずくなるという方も多いでしょう。
確かに塗るタイプは即効性がありますが、感度は鈍くなってしまいます。
さらに塗っている場面をパートナーに見られたくないという男性は多いでしょう。
経口薬のダポキセチンなら、飲むだけなのでそんな心配はいりません。
1分以内に射精する男性が飲むと、5分くらいは持つようになると言われています。
満足のいくセックスが楽しめると、早漏の悩みからも解放されるでしょう。
それによってセックスに積極的になり、ダポキセチンを服用しなくても正常な持続時間で楽しめるようになる方もいます。
ダポキセチンにはジェネリックも存在し、まとめ買いをすると非常に安く入手できます。
梱包には気を使って届けてくれるので、早漏防止薬だとバレることはありません。
口コミ情報では5~10分以上持続するようになり、パートナーを初めてイカせたという意見も多いです。
女性をオーガズムに導くためには、5~10分以上は必要と考えておきましょう。
早漏ではない男性でも、今よりも持続時間を延ばすというメリットが期待できます。
パートナーがオーガズムに達するまでの時間を把握し、用量の調整をしていきましょう。

ページの先頭へ戻る