ダポキセチンはどこで販売?副作用は?

ダポキセチンというのは早漏を改善する効果がある薬です。
これまで男性特有の悩みを解消する治療薬としてはED治療薬がありましたが、早漏に悩まされている男性もかなり多いにもかかわらず、早漏を改善する事が出来る治療薬というのはほとんど無かったので、ダポキセチンが早漏を改善する事が出来るというのは早漏に悩まされている男性にとってはうれしい事です。
ダポキセチンを含む医薬品は欧州をはじめアジアなどでもすでに販売されていて、これまでにも数多くの男性の方が服用していますが、日本ではまだ未承認であるために一般的には処方されてはいません。
しかし、2012年には医薬品として取り扱うようになっていて、一部の病院では処方する事が可能となっています。
また、個人輸入でも手に入れる事は可能なので、個人輸入代行を行っている通販サイトを利用すれば病院へ行かなくても簡単に入手する事が可能となっています。
販売が行われる前には臨床実験を行う事で安全性を確かめているだけでは無く、世界で既に数百万人規模で服用していて重篤な副作用の心配はないと言って良いです。
安全性は高いのですが副作用が全くないという訳では無く、頭痛、めまい、おう吐感、下痢、眠気などが報告されています。
また、プリリジーを服用する事が出来ない対象として、男性であっても20歳未満の未成年や65歳以上の高齢者が含まれている他、薬を服用していたり、特定の健康上の問題がある場合も服用する事は出来ないようになっています。
それらを守った上での服用であれば、副作用によって重い症状が出る可能性はほとんど無いという事なので、特に個人輸入で薬を購入する場合は使用上の注意はきちんと確認して守るようにして下さい。

ページの先頭へ戻る