早漏で消極的ならダポキセチンで、副交感神経の健康

外部から強いストレスを受け続けると、人の自律神経は健康を失います。
市民が考えている以上に、人はストレスに弱いです。自律神経が乱れると感情のコントロールが難しくなります。
情緒不安定、鬱状態になりやすく、自分自身では気づきにくい自律神経の不健康も、他人から見れば一目瞭然だったりします。
また冷え性になる、血流が悪くなる、理由もなくイライラ・ムカムカする、何事にも消極的な姿勢になる等、ライフスタイルを深刻な影響が出てきます。
また自律神経の乱れは、強迫神経症のリスクとなります。
自責の念によって自分で自分を苦しめる、そんな辛い日々がストレスによって生じてしまい、性生活にも悪影響が現れます。
自責の念の強すぎる男性は、副交感神経の働きが鈍化しやすく、自律神経の乱れが上限なく進んでしまいます。
ストレスが自律神経の乱れを誘発し、強迫神経症が出現、それが更に副交感神経の働きを鈍化させ、自律神経の混乱を活発化させ、最終的には酷い早漏症状を発生させます。
早漏症状を改善させるためには、副交感神経の働きを健全化させるしかありません。
深呼吸をセックスの前にする、映画や漫画をベッドインに前に楽しんで心を落ち着かせる、こういった対策で副交感神経の回復は一応図れます。

ただ、確実な早漏回避を望むなら、ダポキセチンを含む抗鬱薬か早漏治療薬が良いでしょう。
ダポキセチンには副交感神経の働きを阻害する心理的なフラストレーションを沈静化させ、早漏を克服させるポジティブな効果があります。
ダポキセチンを含む錠剤を、セックスの前に体内に取り込んでおけば、ベッドの上で自責の念に囚われる事は無くなり、落ち着いた心身で一連の性行為を楽しめます。
ダポキセチンは効き目が素早く現れ、体内から素早く抜ける安全な成分です。
有名な抗鬱薬にも広く使われるリラックス支援の成分ですから、初めて早漏克服を目指す方も心配は要りません。

ページの先頭へ戻る