早漏には考え方やスタート・ストップ法やダポキセチン

早漏というのは悩んでいる男性にとって非常に深刻な悩みですが、やり方次第で改善は可能なのでいろいろな方法を試してみることが大切です。
まず、考え方を変えるというものがありこれは早漏自体は変わらなくても考え方を変えることによって、コンプレックスを解消させるという方法になります。
早漏は相手あってのことですから、相手が気にしていないというのであれば早く射精をしてしまうのが問題となるようなことはないため、パートナーと話し合って早漏がどれだけ問題となっているのかをまずはっきりさせてみるのが良いでしょう。
その結果として相手が早漏のことを気にしていないのであれば、本人も早漏のことを気にしなくて済むことになりコンプレックスが解消されることがあります。
また、早漏は精神的なものが原因であることも多いので、考え方を変えるだけで早漏が改善されることもあるので考え方を変えてみることは大切です。

精神的なものが原因の場合、ダポキセチンを服用するというのも効果があり精神状態を落ち着ける働きがあるので、早く射精をしてしまうのではという不安を取り除くことができすぐに射精をしてしまうのを防ぐことができます。

刺激に対して弱いという場合には、スタート・ストップ法試してトレーニングをするという方法があり、これは一人で行うことができ手軽にできるので試してみる価値がある方法となっています。
やり方はその名前の通り、自慰行為の最中に射精をしそうになったら手を止めて、落ち着いたら再度刺激を与えるということを繰り返す方法です。
これを何度も繰り返すことによって刺激に慣れることができ、少しずつではありますが射精をするまでの時間をのばすことができます。

ページの先頭へ戻る