遺伝と早漏、局所麻酔を塗る対策法とダポキセチン

早く射精してしまうのは未熟であるからと落ち込んでしまう男性がいますが、性体験を重ねることで次第に慣れていきますので、あまり神経質にならないようにしましょう。しかし、中には遺伝が早漏の症状を引き起こしているという指摘もされています。
遺伝と早漏の因果関係は明確にはなっていませんが、疑われる部分として、セロトニンの分泌量があります。セロトニンは神経伝達物質であり、精神のコントロール機能を持っています。これが正しく分泌されることで、射精の機能を安定させることができますが、セロトニンの分泌が少なくなると、早漏の症状を発症しやすくなります。
セロトニンはストレスなどで分泌量が減ることがあり、ストレスと性格の深い関連性や、性格が親から受け継がれる可能性を考慮すると、遺伝が原因であるという説の信ぴょう性が高まります。
遺伝が関係するのなら個人の努力だけでなく、薬の力に頼りながら、早漏を克服するのが望ましいといえます。
優れた薬が開発されていますが、その薬に含まれているのが、ダポキセチンという成分です。ダポキセチンにはセロトニンの分泌を増やす効果があります。これによって射精までの時間を延長することができ、最大で3~4倍もの時間延長効果が得られます。
日本では許可されていないダポキセチンですが、個人輸入代行サービスを活用すれば、誰でも手軽に入手できます。
早漏治療薬以外にも、症状の克服に役立つものが存在します。局所麻酔が含まれた市販薬、もしくは早漏専用のアイテムを塗ることによって、射精までの時間を延長できるようになります。しかし、市販薬の局所麻酔は早漏治療向けに作られているわけではないため、自己責任で利用しましょう。

ページの先頭へ戻る